ホーム > 注文住宅 > 土地の選び方

HOW TO CHOOSE THE LAND土地の選び方

お気に入りの土地を探すために

家を建てるには、土地が必要。
しかし、せっかくお気に入りの土地を見つけても、
理想の家づくりができないというトラブルもあり得ます。
土地の選び方や注意点もチェックしていきましょう。



土地の選び方のポイント

敷地面積や立地だけでなく、土地を見極めるポイントはいろいろあります。
実際にその土地を訪れて、日当たりの様子や空気、街の雰囲気など
現地でなければ感じられないものも重要な情報です。
また、晴れの日と雨の日で明るさや水はけの具合をチェックしたり、
昼間と夜間での交通量を知っておくことも大切。
街を歩きながら周囲の環境や道の勾配なども調べてみると、
生活するイメージに合うかどうかを判断して土地を選ぶことができます。

  • 日当たりの様子は?
  • 空気の様子は?
  • 街の雰囲気は気に入った?
  • 雨の日の明るさの様子を見てみよう
  • 雨の日の水はけの具合は大丈夫?
  • 駅までの道のりは満足?
  • 周辺の環境をチェックしよう学校・スーパー・公共施設・公園など
  • 道のアップダウンの具合
  • 生活するイメージに合ってる?


ページの先頭へ ↑



「分譲地」に注文住宅は
建てられるの?

分譲地に注文住宅を建てることは可能です。
分譲地は、土地と建物をセット販売している場合、
価格設定をするためにあらかじめ設備・仕様が決まっていることが多いので、
ドアや窓、キッチンやバス・トイレのメーカーや種類にもこだわりたいという方は、
土地のみを購入し注文住宅で建てる方が良いかもしれません。
土地探しの際に、分譲地で相談してみましょう。

相談してみよう!



「建築条件付き宅地」って何?

「建築条件付き宅地」とは、土地の売買契約締結後の一定期間内(3か月以内など)に、
売主または売主の指定する建築業者等と建築工事請負契約を締結することが条件となっています。
つまり、建物を建築する会社を選べないとうこと。
もし「自由設計」という看板が掲げられていても、その会社に対応できないプランは
実現できないなど設計の自由度には制約があります。
ほかに設計を依頼したい建築士がいる場合は、建築条件付きではない土地の購入が必要です。

ページの先頭へ ↑