ホーム > 注文住宅 > 「注文住宅」と「分譲住宅」の違い

ORDER MADE OR MORES TOWN
「注文住宅」と「分譲住宅」の違い

我が家らしいのはどっち?

新築で戸建住宅を手に入れるには、
大きくわけて「注文住宅」と「分譲住宅」の2つの方法があります。
どちらが我が家の家づくりに向いているのか、比較して考えてみましょう。



注文住宅

メリット

  • 間取りやデザインに、“我が家らしさ”を反映できる。「理想の家」づくりに向いている。
  • 建築士とのお打合せで要望を伝えて、オリジナルのデザイン・設計をつくっていくことができる。
  • 建材や設備選びにも、こだわりを反映しやすい。

個性とオリジナリティを追求

デメリット

  • 自由に計画できる要素が大きいので、内容に応じてお打合せから工事を含め入居までに期間がかかる。
  • 自由度の高さからこだわりが膨らんでいきがちなので、予算とのバランスを取る必要がある。

時間は少しかかるよね



分譲住宅(建売住宅)

メリット

  • 契約から入居までにあまり時間がかからない。(即入居が可能な場合も。)
  • 実際の家の状態を内覧してから、購入を検討することができる。
    (空間を体感できるので、イメージがわきやすい。)
  • 土地探しの必要がない。

見たままを買えるって魅力的

デメリット

  • ターゲットを広くもつため、スタンダードな間取り・デザインが多い。
  • 我が家に合わせた間取り変更や、設備の追加はなかなか難しい。

変更や追加は我慢

ページの先頭へ ↑